性病の正しい知識

広告の大半はステマと考えたほうが良いでしょう。包茎も性病もある程度危機を煽ることで需要が生まれます。もちろん、性病の危険性というものは正しく認識しておくべきです。

今は風俗よりも素人のほうが危機認識が甘いと言われる時代です。

包茎であったりすると尖圭コンジロームと勘違いして悩む若者が多くおられます。これはSTD・性行為感染症ではありません。生理的現象でおきるものです。
どちらも病気ではありませんから治療の必要はありません。それでも美容的に気になったり、劣等感になっているのであれば、その心を治すという意味でレーザー光線や電気焼灼で治療します。ただし、病気ではないので保険が利きません。

包茎手術専門クリニックや美容整形外科で、フォアダイス・真珠様陰茎小丘疹を「尖圭コンジローマの疑いがある」と言葉巧みに包茎手術やオプション手術を行い被害にあっている方もいらっしゃるそうです。
女性の場合の膣前庭乳頭症も生理的現象なのですが、尖圭コンジローマと誤診されることが多いので注意が必要です。
とにかく尖圭コンジローマの誤認については注意が必要です。コンジローマなどは検査をすれば正しく認識することが可能です。

その検査も今や自宅で受けることが出来て、自宅で検査結果を知ることが出来ます。

隙のない人生を送るにはこういった知識も大切なのです。

検査のおススメが分かるのはコチラです。→性病検査

性病の詳しい内容についても知ることが可能です。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !